毛根・毛根細胞・毛包・毛母細胞とハゲとの関係性

毛根・毛根細胞・毛包・毛母細胞とハゲとの関係性

どうしてハゲるのでしょうか?そのメカニズムを知っておくことで、正しく効果のある育毛対策を行うことができます。もしハゲるメカニズムを知っていないと、効果のない育毛対策をしてしまうことになります。なので、是非ハゲるメカニズムを知っておきましょう。

 

 

毛根・毛根細胞・毛包・毛母細胞とハゲとの関係性とは?

毛根・毛根細胞・毛包・毛母細胞とハゲの関係性を知ることで、ハゲるメカニズムを知ることができます。

 

毛根とは?

毛根は、毛髪の皮膚に埋まっている部分のことです。毛根では、栄養を受けとります。

 

しっかりと栄養バランスを取らないと、ハゲる!

毛根は、栄養を受ける器官です。つまり、毛根では、栄養を受け取り、頭皮と髪に栄養を与えているのです。なので、毎日の栄養バランスをしっかり取れていないと、毛根が十分な栄養を得ることができない。その結果、薄毛や抜け毛の原因となってしまうのです。

 

毛根細胞とは?

毛根細胞とは、毛根の細胞のことを言います。

 

毛包とは?

毛包とは、毛根を包む組織のことです。毛包には、脂肪性の物質を分泌して、頭皮や毛髪の表面を滑らかにする、あるいは防水する機能があります。

 

脂漏性脱毛症は、毛包が影響している!

脂漏性脱毛症は、毛包が影響しています。毛包が以上を起こし、脂肪性の物質が過剰に分泌されていまう。その結果、脂肪性の物質が毛穴を塞ぎ、頭皮に菌が繁殖し、炎症を起こしてしまいます。そして次第に、髪が抜けていくようになります。毛包の異常は、シャンプーやリンスなどの過剰な刺激、血行不良、栄養バランスの乱れなど様々なものがあります。

 

毛母細胞とは?

毛母細胞とは、毛根の一番下に当たる部分です。毛母細胞では、栄養や酸素を受け取ることで、細胞分裂をし、髪の毛を作り出します。

 

加齢と共にハゲるのは、毛母細胞が原因!

加齢と共にハゲるのは、毛母細胞が1つの原因です。毛母細胞が老化すると、しっかりと栄養や酸素を受け取ることが難しくなってくるため、細胞分裂に異常が起こります。すると、新しい髪の毛を作ることが出来なくなってしまいます。

 

 

ハゲないためには?

毛根・毛根細胞・毛包・毛母細胞とハゲとのそれぞれの関係性を踏まえた上で、ハゲないためにはどのようにすればいいのでしょうか?育毛対策には、外部からのアプローチからだけでなく、内部からのアプローチも必要だということです。

 

外部からのアプローチとは、育毛ローションや育毛シャンプーなどを使ったり、正しいシャンプーの仕方をしたりすることです。内部からのアプローチとは、ストレス対策、栄養バランスの取れた毎日の食事、十分な睡眠です。

 

このように育毛は、外部と内部の両アプローチにより、身体の内側から育毛に取り組む必要があります。これは、毛根・毛根細胞・毛包・毛母細胞とハゲとの関係性を知って頂くことで、理解できたのではないでしょうか?